水滸のことば



まいにち中国語

4月開講のラジオ中国語講座のテキスト『まいにち中国語』を購入した。4月の内容は、すべてが発音、ピンインをきちんと読めるよう一ヶ月の時間をかける構成となっている。テレビの中国語会話がバラエティー色を強めているだけに、ラジオ講座らしい語学色の濃い番組が月~金曜日の週5日あるのはとてもありがたい。

ところで私の新年度1年生の授業では1学期をかけて発音の練習をする予定だ。ピンインを正確に読めるようになればそれだけでも1学期は充分だ。授業ではできるだけ多くの時間を発音練習に使うつもりだ。
[PR]
# by clingmu | 2008-03-18 18:36 | ひとりごと

水滸の特殊な〈把〉

水滸の〈把(将)〉を調べている学生の用例にこんな例があった。

与酒与食,放他穿房入户,把做亲人一般看待〈30回〉
「酒や肴をあたえ、自由に奥向きに出入りさせて、身内同然に扱った」

〈把~〉以下の意味は〈把他看做亲人一般〉ということなのだろうが、変わった表現だ。上掲例はむしろ〈把〉を落として〈做亲人一般看待〉の方が自然だ。ではこの〈把(做)〉は何か?

以前〈把与〉という語を調べた際にもこのような表現を数例見つけた、孤例ではない。〈把〉研究の本筋ではないが、用例を集めたIさんはどう解釈するのだろう?学期が始まったらぜひ聞いてみよう。
[PR]
# by clingmu | 2008-03-17 22:04 | 水滸

〈服務生〉

《岩松看日本》(华艺出版社2007年)を読んでいてこんな文があった。

到了后乐饭店,果然服务台的服务生全可以使用中文。

〈服务生〉?

〈服务生〉=〈服务员〉なのは分かるが、なじみのない語だ。

〈生〉については《现代汉语词典》に〈生3〉の④として〈某些指人的名词后缀〉とあり、例として〈医生〉を挙げる。〈先生〉そして〈服务生〉もこの例として考えられる。〈师生、招生、毕业生〉などの〈生〉は〈生3〉の①〈学习的人;学生〉と別項になっているが、①と④の区別は微妙である。〈学生〉や〈毕业生〉は④の例とも考えられよう。

さてこの〈服务生〉、レストランなどで呼びかけの語として使用できるのだろうか? ちなみに講談社の『現代中国語新語辞典』ではこの語を収録し「店員.サービス係」としている。新語なのだろうか?
[PR]
# by clingmu | 2008-03-15 15:49 | ひとりごと

来年度のゼミ(新3年生)

この時期4月から始まるゼミの準備をしている。来年度からゼミの進め方を少し変えるつもりだ。変更点は1学期に水滸傳の講読を行わないこと。

なぜか? ゼミの研究テーマは近代漢語語法研究、と言ってもそんなに範囲は広くない、多くの学生が水滸の語法にテーマを絞って卒業研究を執筆してきた。近代漢語の語法研究にはどうしても現代中国語の知識が大前提だ。現代語が読めなければ近代漢語の特徴も分からない。

そこで今年のゼミでは現代中国語のトレーニングを中心に授業を進めようと思っている。テーマは2つの「読む力」。一つは、中国語を声に出してリズムよく「読む力」の訓練だ、教材は2年生の「速読」教材を使い目標を高めに設定する。もう一つは、中国語を正確に解釈する「読む力」の向上だ。こちらは教材として昨年出版された《岩松看日本》(CCTVで放送されたものを昨年授業で一部使用した)を精読する。精読に際しては、辞書をじっくり読む習慣を身につけてもらう。

来年度の新ゼミ生は6名(1学期5名)、当初の予定より2名少ないのは残念だが、5名はじっくり勉強するのにちょうどよい人数だ。
[PR]
# by clingmu | 2008-03-13 19:41 | 教学

水滸の使役表現

水滸の使役表現に用いる〈叫〉を調べている学生が提出した課題に次のような用例があった。

施恩……取酒食叫武松吃了<30回>
施恩讨两碗酒叫武松吃了<30回>

現代語でもこのような表現は可能なのだろうか?意味の上からは問題なさそうだ。ところが、今年水滸の〈与〉を調べたゼミ生の用例を見ると上掲用例は〈取酒食与武松吃了〉〈讨两碗酒与武松吃了〉と書き換えられそうだ。さらには現代語なら〈与〉を〈给〉に換えた言い方が自然だろう。であれば、現代語において〈他拿出一本书给我看〉と〈他拿出一本书叫我看〉はどちらも成り立つのか?成り立つとしたらどのような違いがあるのか?

現代語の使役表現を研究テーマとして進学を希望する I 君にぜひとも取り組んでほしいテーマだ。
[PR]
# by clingmu | 2008-03-12 09:28 | 水滸


水滸伝の言語に興味を抱く、ある語学教師のぼやき。ときどきゼミ連絡。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31