水滸のことば



2008年 01月 03日 ( 1 )


関東学連選抜

箱根駅伝をTVで観戦した。「学連選抜」が大健闘、総合4位、堂々たる成績だ。本来なら文句なしのシード権獲得、壮挙である。学連選抜は「非正規軍」、いわば「ゲリラ」だ、学連選抜の後塵を拝した「正規軍」はすべてシード権を返上すべきだろう。首都圏の各私立大学は「箱根」に躍起となっているようだが、規模の小さい私立大学が10名の優秀なランナーを集めるのは不可能だ。しかし学連選抜への参加なら可能かつ十分だ。我が大学上層部がとんでもない初夢を見るのが心配だ。

総合優勝は駒大、惜しくも優勝を逃した早稲田はこのところスポーツしかやっていない印象だ。「ハンカチ王子」に卓球の愛ちゃん、ラグビーも圧倒的に強い。そういえば中国語でも「文法体操」をやっていた。

一方、関西の大学はどうしているのだろう。大学スポーツはどうしても関東中心になる。「箱根」だってTV中継のおかげですっかり「全国区」になったが、本来、関東だけのローカルな大会だ。当然のことながら関西の大学はお呼びではない。以前は同志社などがラグビーで名を馳せたこともあったが、このところあまり名前を聞かない。大学スポーツには弊害も大きい。関西の大学がもしスポーツに無駄な時間とお金をかけず、大学の本分である「研究と教育」を地道にやっているとしたら…かえって恐ろしい気がする。大学でスポーツをやりたい学生は「関東」、お勉強なら「関西」なんてことになったらどうしよう。

ちなみに、中国語の世界ではその傾向がはっきりしている。関東で「文法体操」をしているうちに関西では研究を進め、「西高東低」の現象が確実に存在している。
[PR]
by clingmu | 2008-01-03 23:10 | ひとりごと


水滸伝の言語に興味を抱く、ある語学教師のぼやき。ときどきゼミ連絡。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31