水滸のことば



2007年 06月 11日 ( 1 )


「速読」おまけ

先週の木曜日にも再再挑戦の学生が数名、研究室にやってきた。「平常点がなくなるよ。」と脅したのが功を奏し、日頃授業であまり顔を見ない学生もいた。もちろん、それでも来ない学生はいる。

前回も書いたが、声調の不安定さはやはり致命的だ。個々の発音も問題だ。短母音の「e」、ウムラウト、無気音と有気音、駄目押しに「そり舌音」…すべて1年生の1学期で習うことだ。自分の発音に危機感を覚えた学生もいたようだ。たまたま運良く2年生になっただけなのだから、もう一度初心に返って地味な発音練習から始めて欲しい。練習する気があるなら、わたしはいつでも付き合うつもりだ、そのためのOfficeHour(s)でしょ?

さて明日は1年生初めてのテスト。授業中あれだけ楽しそうに隣の人としゃべっているんだから、わたしのテストなんてきっと朝飯前だろう。平均70点前後なら採点も楽だろう。明日のテストが楽しみだ。
[PR]
by clingmu | 2007-06-11 18:28 | 教学


水滸伝の言語に興味を抱く、ある語学教師のぼやき。ときどきゼミ連絡。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30