水滸のことば



水滸の特殊な〈把〉

水滸の〈把(将)〉を調べている学生の用例にこんな例があった。

与酒与食,放他穿房入户,把做亲人一般看待〈30回〉
「酒や肴をあたえ、自由に奥向きに出入りさせて、身内同然に扱った」

〈把~〉以下の意味は〈把他看做亲人一般〉ということなのだろうが、変わった表現だ。上掲例はむしろ〈把〉を落として〈做亲人一般看待〉の方が自然だ。ではこの〈把(做)〉は何か?

以前〈把与〉という語を調べた際にもこのような表現を数例見つけた、孤例ではない。〈把〉研究の本筋ではないが、用例を集めたIさんはどう解釈するのだろう?学期が始まったらぜひ聞いてみよう。
[PR]
by clingmu | 2008-03-17 22:04 | 水滸
<< まいにち中国語 〈服務生〉 >>


水滸伝の言語に興味を抱く、ある語学教師のぼやき。ときどきゼミ連絡。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30