水滸のことば



テレビ中国語会話

先週ゼミの発表会が無事終了した。今週は試験週間、と言っても試験は2つだけ、どちらもマークシート方式なので採点の必要はない。試験が終われば春休み、来年度授業の準備に入る。

ある筋の情報によると、来年度4月からNHKテレビ中国語会話を大阪大学の古川裕先生が担当するとのこと。古川先生の著書『チャイニーズ・プライマー』は専門学科の教科書として10数年使っていた。学生からも『チャイプラ』として親しまれ(?)、大学4年間の使用に耐えうる豊富な内容がその最大の特徴だ。ここ数年バラエティー色の濃かったテレビ中国語会話だが、これを機にまた本格的な語学番組に戻ってほしいと願うのは時代遅れの私だけか?

今年は北京五輪が夏に開催されるという事情もあり、NHKでは中国語会話にかなり力を入れるようで、再放送の回数も増えると聞く。しかし気がかりなのは、中国への関心=中国語学習者の増加、になっていない点だ。とくに高校生たち若い世代の人たちにその傾向が強いように思う。中国語学科としては頭が痛い。

私が大学の中国語学科に入学した1978年当時、周囲の人たちから「先見の明がある」とよく言われた、裏を返せばそれは「なんでそんな語学を選んだの?」という好奇心だった。30年が過ぎた、「先見の明」とは「百年構想」と同義だったのかも知れない。私が21世紀後半まで中国語を教えるのは不可能だ、どうやら毎年入学者の数を心配する日々が続きそうだ。
[PR]
by clingmu | 2008-01-28 19:46 | ひとりごと
<< 春休み前半終了 ゼミ発表会 >>


水滸伝の言語に興味を抱く、ある語学教師のぼやき。ときどきゼミ連絡。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31