水滸のことば



2007年総括

2007年を振り返る。

1.blog「水滸のことば」を始める:blogを始めたきっかけはゼミ連絡だったが、「そんなの関係ねぇ!」ゼミ生はあまりblogを見ないようなのでゼミ以外の話題も多く書くことにした。心に留めておくと精神衛生上よくないことをできるだけソフトに書いたつもりだが、読む人の印象は違うらしい。まもなくblogも一年になる。不定期になるが今後もできるだけ続けたい。

2.夏の上海滞在:楽しい10日間であった。中国へは4年ぶり、一週間を超える滞在は南京留学以来の20年ぶりであった。変貌著しい中国と変わらぬ中国を実感した。そして「食の安全」を自ら体験し、帰国後一週間体調不良が続いた。

3.ゼミ生の激増:例年2~3名程度のゼミだった。今年は新たに7名がゼミ生になった。始まる前はどうなることかと思ったが、人数の多い利点もある。少人数の場合、ゼミ生の関心にこちらが合わせることができる。しかし困るのは「語学のゼミだよ」と事前に説明し、自ら選んだはずなのに「語学で卒業研究を書きたくない」というケース、結局こちらが歩み寄るしかなかった。ところが多人数だと個別の対応ができない。よってこちらに歩み寄ってもらうことになる。こちらのテリトリーなら指導はやりやすい。これが利点だ。今年はゼミ生のがんばりもあり、ゼミに活気があり充実した時間を過ごせた、と感じた私は「KY」かな?

最後におまけ
5.「横綱」昇進問題:横綱昇進の条件とは何か? 品格それとも実績?朝青龍と白鵬の両横綱は「抱き合わせ・セット販売」だったのか? どうも人ごとでは思えない問題だ。

では、よいお年を。
[PR]
by clingmu | 2007-12-29 20:56 | ひとりごと
<< 新年好! CEFRのお勉強 >>


水滸伝の言語に興味を抱く、ある語学教師のぼやき。ときどきゼミ連絡。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30