水滸のことば



夏休みの「宿題」

昨日1年生の授業で10月1日は何の日か? と質問したところ、午前午後のクラスとも「都民の日!」という答えが返ってきた。千葉県にある大学なので都民の学生は少ないはずだが…。9月25日に〈今天是什么节日?〉と質問した際には〈中秋节〉と答えてくれたのに、授業の出鼻をくじかれた、〈国庆节〉はあまりなじみがないらしい。

ところで10月1日は大学紀要原稿の締切日、夏休みに書いた『中国語「速読」の試み』をメールの添付書類で提出したところ、研究支援担当者(すごい名称だ)から「査読の結果は後日ご連絡をさせていただきます」との連絡があった。査読? いったい誰が読むのだろう? 内容はblogにも書いた「速読」の授業を紹介した教学ノート、査読する方に時間を浪費させることになりそうで申し訳ないが、どうにか夏休みの「宿題」を提出できてホッとした。
[PR]
by clingmu | 2007-10-03 23:48 | ひとりごと
<< こんな入試はいかが? ゼミ再開 >>


水滸伝の言語に興味を抱く、ある語学教師のぼやき。ときどきゼミ連絡。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31