水滸のことば



活字の落とし穴(ゼミ6/26)

26日のゼミでは排印本の「不手際」について話しました。問題の箇所は、張都監が奥の部屋に武松を招いて接待する場面です。

张都监叫抬上果桌饮酒又进了一两套食次说些闲话问了些枪法……

わたしたちが読んでいる容與堂本の排印本では〈食次〉の間に「。」が打ってあります。ところがこの〈食次〉は一語で、《汉语大词典》に〈①就食之时。②食品。多指酒菜、点心之类。〉とあり、第30回のこの箇所が②の用例として、つぎのような句読で載っています。

张都监叫抬上果桌饮酒,又进了一两套食次,说些闲话,问了些枪法。

一方、『水滸全傳』即ち120回本系統の排印本は、〈又进了一两套。食次说些闲话〉となっていて、〈食次〉を《汉语大词典》①の意味で取り「食事中雑談し」と解釈しているようです。

このように中国の人にとっても(しかも水滸の専門家です!)『水滸傳』を正確に読むのは一苦労なんです。ゼミ生の皆さん、多少の読み間違いは気にしなくてもよいのです。なお、〈食次〉の解釈をめぐっては以前紹介した高島俊男氏の『「水滸伝」語彙辞典稿』にも詳しい説明があります。

いずれにせよ現在ゼミでやっているように『水滸傳』はやはり影印本で読む必要があるようです。句読点があるとかえって邪魔で読みにくいとなれば、いよいよ「ホンモノ」、水滸の文章に慣れてきた証拠です。

また、今回のような句読の「ゆれ」は一人で読んでいるとなかなか気づかないものです。少人数による精読の大切さを改めて感じました。
[PR]
by clingmu | 2007-06-27 22:17 | ゼミ連絡
<< 「折草料」(ゼミ7/3) 不正行為 >>


水滸伝の言語に興味を抱く、ある語学教師のぼやき。ときどきゼミ連絡。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30