水滸のことば



「速読」その後part-1

4月22日のblogに書いた「中国語を速く読む=速読」を今回は中国語学科2年生の授業で試みた。2年生の中国語学習時間は1年次週6コマ30週、1コマ90分を中国風に2時間として計算すると約360時間+2年次週5コマ約5週(5月末まで)、約50時間で計400時間強である。大学の第2外国語(週2コマ)で3年分+αといったところだ。課題文は以下の通り。

渡边恒雄,《读卖新闻》总裁兼主笔,多少年来《读卖新闻》一直是日本民族保守势力的重镇。因此渡边恒雄也一直被认为是日本“鹰派”的代表人物。《读卖新闻》过去一贯支持参拜靖国神社,认为这是日本人自己的事情,其他国家无权干涉。但是,自从2005年6月开始,已近暮年的渡边恒雄却向保守思想踩下刹车。他的第一个动作就是亲自撰写社论批评小泉参拜靖国神社,而后,他下令报社开始为期一年的《明确战争责任》系列报道。《读卖新闻》的这种突然转变在新闻界和整个日本社会引起了巨大的振荡。
CCTV《东方时空》〈岩松看日本〉2007年3月26日放送

CCTVのアナウンサーは約200字の原稿を50秒で読んでいる、ニュースなどに比べてやや速度は遅い。わたしの2年生に対する要求は、この文章を60秒以内で読む、というもの。授業ではまず文字原稿を配り意味を確認した後、音声教材をわたし、次回の授業までに「速読」の練習をしてくるよう言った。また読む際には個々の発音より速度を重視するようあえて指示した。次回の授業で一人一人読んでもらい、60秒以内に読めれば合格、平常点として加点する。

課題文はわざと読みにくそうなものを選んだ。2年生が知らない語彙や中国語で読んだことのない固有名詞などが多い文章にした。内容は何でもよかった。「ナベツネ」に個人的感情はない、念のため。

1週間後その結果は……57名中28名が合格、合格した中でも50秒前後、即ちアナウンサーとほぼ同速で読んだ学生の発音がとてもよく、語調も自然で聞いていてスムーズに内容を理解できた。一方、60秒ギリギリで通過した学生の発音を聞いていて感じたことがある。速度的には50秒前後の学生よりむしろ速く感じる学生もいたが、語調にメリハリがない、そして苦手な発音や声調の狂いが足を引っ張っているように思えた。だが、「個々の発音より速度を重視するよう」指示した手前、合格は合格である。

今回の結果から指摘できるのは、50秒前後で読んだ学生の多くが1年生の頃からピンインをきちんと読めていたということだ。発音の基礎が固まっている学生は速読にも対応できるということか。興味深いのは今回合格しなかった学生たちである。次週までさらに練習を重ね再チャレンジするよう言ってあるので、この1週間速読の練習によって、彼らが60秒の速度をクリアし、さらには発音や語調までも向上するのか? はたまた個々の発音が不安定だと速読に対応するのが困難なのか? 次週の結果から改めて「速読」の効用について考えてみたい。

不合格だった2年生はちゃんと練習してきてくれるかな?
[PR]
by clingmu | 2007-05-27 20:57 | 教学
<< 「速読」その後part-2 教育法の試み >>


水滸伝の言語に興味を抱く、ある語学教師のぼやき。ときどきゼミ連絡。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31