水滸のことば



更上一層楼

金曜日に「元」学生が突然大学に現れた。大学を2年で退学、現在は立派に働いている。人間的に大きく成長していた。まだまだ仕事は修行中とのことだが、将来の目標をしっかり見据えているように感じた。

さて、先日帰国した温家宝総理、最終日に立命館でしっかりと「先生」パフォーマンスをしていた。今回は王之渙『登鸛雀楼』の朗読。
  
  白日依山尽,黄河入海流。
  欲穷千里目,更上一层楼。

北方の人・温家宝の発音より、江蘇の人・胡錦濤のあの発音にわたしはなぜか郷愁を覚える。来年の来日が楽しみだ。

遊びに来てくれた「元」学生にぜひこの詩を贈りたい。
[PR]
by clingmu | 2007-04-14 23:32 | ひとりごと
<< ゼミ生への「履修オリエンテーション」 温家宝来日に寄せて >>


水滸伝の言語に興味を抱く、ある語学教師のぼやき。ときどきゼミ連絡。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30