水滸のことば



辞書編纂雑感

3月17日(土)明治大学で開かれた辞書に関するワークショップ『中国語辞書-これまでとこれから』に参加した。

4名のパネラーによる発表はいずれも興味深いものであった。とくに前半の2名は具体的な指摘で辞書を編むにあたりすぐに役立ちそうな内容だった。辞書編纂においては大きなフレームや辞書全体に流れる思想なども大事であるのはもちろんだが,辞書編纂にかかわったことのある者としては,どうしても「現場」が思い起こされる。

今回の発表者が辞書を書く時間に恵まれ,動詞と名詞の兼類,動詞と介詞の記述といった各人の関心事だけでもよい,すべての項目に目を通すのでなくともよい,現在ある辞書を見直すことができるなら,きっとより学習者にやさしい辞書ができると思う。そうやって辞書は少しずつ進化していくのだろう。

そうすれば……いくら暇そうに見えるからといって,わたしのような専門外の人に現代中国語辞書編纂の仕事が回ってくるようなことはなくなるはずだ。

辞書の仕事がイヤなわけではない(決して好きではないが)。作りたい辞書の方向性がまったく逆なのである。現代中国語の辞書ではわたしの専門とする近代漢語の語彙は削除の対象でしかない。近代漢語辞典や水滸辞典の電子辞書などできるわけがない。大修館の『中日大辞典』から白話の語彙がなくならないか心配だ。

近代漢語の辞書は望めないにしろ,せめて現代語の辞書がこの先10年出ないなんてことのないよう切に望む。
[PR]
by clingmu | 2007-03-20 21:46 | ひとりごと
<< iPod来襲 「酢鉢」のような「拳」? >>


水滸伝の言語に興味を抱く、ある語学教師のぼやき。ときどきゼミ連絡。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31